京都の前撮りのこだわりたい着物

着物いつか花嫁として着るならば和装が良いという人も着物の本場でもある京都の前撮りで豊富な衣装から一番お気に入りの衣装が見つかる事でしょう。

和装といっても、幅が広く種類も多いです。白無垢においては伝統的な衣装として和装であれば一度は着てみたいものです。神秘的な白で伝統的な京都の名所を背景にして撮影すれば一生の思い出になります。

最近では前撮りでも着物はお洒落に彩綺麗なタイプを希望する人も多いです。「色打掛」は婚礼衣装で最も人気が高いです。

打掛によって高級度合いが異なり、前撮りでもプラン料金で
着用できる種類が変わってくるでしょう。

打掛の選択肢次第で大人っぽく見えたり、可愛らしさを強調できたり出来る為、
ロケーションやイメージする撮影によって大きく映り方も変化します。

花嫁衣装また、引き振袖も色打掛とは異なる着物の良さを引き出してくれます。帯が印象強くなる為、帯によって自分の好みに合わせる事が出来ます。

昔からの裕福な花嫁衣装として年配の方の支持も今も強く、一般的な花嫁衣裳として本場の京都での撮影を選択してみても良いでしょう。