洋装から和装まで豊富な衣装を用意

前撮り撮影では多くのフォトスタジオで、衣装のレンタルサービスを標準でプラン内に組み込んでいます。

衣装のレンタル

洋装から和装までさまざまものがあり、洋装であればパーティードレスからウェディングドレス・和装は晴れ着や訪問着・白無垢等です。

男性用ならタキシードや袴などですが、これらのレンタル料金は着用するものによって変動します。

洋装の方が和装よりもお安く相場としては約2万円で、男女ともに同額に設定されているのが特徴。
一昔前であれば、前撮りはラフな格好で撮影をして本番の時に正装をするというものでしたが、昨今では前撮りでも本番同様にこだわった撮影を実施するのが一般化しています。

特にロケーションにこだわりを出せるのが前撮りの良さでもあるので、撮影場所に見合った形の衣装を着用できるのがメリットともいえます。

そのため、フォトスタジオでは先に述べた洋装や和装以外にもカジュアルな洋服もレンタルサービスで用意されていて、1回の撮影で4~6回程度はお色直しが可能です。

基本、着用するものはレンタルできますが、自身ですべて用意されるのであれば撮影前にフォトスタジオに申し出ればレンタル料を差し引いた価格を提示してもらえます。

フォトスタジオに申し込む

京都の名所別、おすすめの服装

日本を代表する観光都市・京都は前撮りをするのにも絶好をロケーションが広がっている場所です。

京都の名所とマッチしている服装とはどのようなものか、ここでその一例を見ていきましょう。

嵐山にある渡月橋は撮影場所として非常に人気がある場所です。
木製の欄干が備わった橋で、和装で佇むと良い雰囲気を醸し出せます。
小物として和傘を手にして写真に収まると良いでしょう。

旧京都府庁は大正時代に建設された建物で、映画の撮影も度々おこなわれているスポットです。
黄色い洋風建築物が特徴で、ここで撮影をする場合は洋装がおすすめです。
黄色い建物に合った白やピンク色の淡いドレスとタキシードを見に纏えば、大正ロマンの趣を表現できます。

祇園なら和装一択で、艶やかな晴れ着と袴姿が様になる場所です。
高瀬川という小川があり、ここを撮影地にすれば和装を身にまとった撮影をしていても他の観光客が写真に写り込むことはありません。

京都で撮影をする時は市内をロケーションすることになり、さらに和装・洋装に見合った場所が点在しているので、最低でも4点の服装で挑むとバリエーションの豊富な写真に仕上げることができます。

これらは自前ではなく、フォトスタジオでレンタルすれば、持ち運ぶ手間も省けます。

京都の前撮りの注意点について

イベント結婚式というのは人生の中でも指折りの大切なイベント。
もしかすると、人生で一番の大イベントという方もおられるかもしれません。

自分自身が一番輝いている時のイベントなのですから、それも当然といえるでしょう。そんな大切な結婚式ですが、準備に必要な時間もお金も膨大なものとなります。

式場との打ち合わせや衣装合わせ、招待状や両家での確認。数を上げればきりがありません。そして、結婚式当日はそれがピークに。朝から晩まで、あっちへ呼ばれ、こっちで着替え。一日中動き続けることになります。

時間が限られ、思ったより写真が撮れなかった。本当はもっと色々やりた
かったのに、時間がないから諦めた。そんな後悔をされないように、
あらかじめ前撮りを済ませてしまう方が増えています。前撮り

観光スポットの多い京都では特にその傾向が顕著で、休日をはじめ、
多くの場合で撮影している姿を見ることができます。

件数が増えたことで金額もお手頃になり、注意点も特にありません。
結婚式はせっかくの機会ですから、あなたのお好きな京都の観光地で
前撮りをしてみてはいかがでしょうか。

京都の前撮りのこだわりたい着物

着物いつか花嫁として着るならば和装が良いという人も着物の本場でもある京都の前撮りで豊富な衣装から一番お気に入りの衣装が見つかる事でしょう。

和装といっても、幅が広く種類も多いです。白無垢においては伝統的な衣装として和装であれば一度は着てみたいものです。神秘的な白で伝統的な京都の名所を背景にして撮影すれば一生の思い出になります。

最近では前撮りでも着物はお洒落に彩綺麗なタイプを希望する人も多いです。「色打掛」は婚礼衣装で最も人気が高いです。

打掛によって高級度合いが異なり、前撮りでもプラン料金で
着用できる種類が変わってくるでしょう。

打掛の選択肢次第で大人っぽく見えたり、可愛らしさを強調できたり出来る為、
ロケーションやイメージする撮影によって大きく映り方も変化します。

花嫁衣装また、引き振袖も色打掛とは異なる着物の良さを引き出してくれます。帯が印象強くなる為、帯によって自分の好みに合わせる事が出来ます。

昔からの裕福な花嫁衣装として年配の方の支持も今も強く、一般的な花嫁衣裳として本場の京都での撮影を選択してみても良いでしょう。

京都の前撮りのこだわりたいドレス

ドレス
京都の前撮りは、和装だけではありません。

もちろん、京都の雰囲気と、いつもはあまりできない
和装は魅力ですが、ドレスも屋外ならではの素晴らしい
ロケーションで、ステキな写真に仕上がります。

ロケ地として緑豊かな庭園や竹林、大正ロマンを
感じるような建物なども多くあります。

四季折々の自然を背景に、花々に舞い降りた妖精の
ような一枚もカメラマンはお手のものです。

真っ白もいいですが、オフホワイトやベージュ系なら
より自然と溶け込むでしょう。

シフォンやドレープの美しいドレスもおすすめです。

肩の部分を出したビスチェ風や、お姫様風長袖のパコダスリーブ、
ボディラインでは大人のシルエットのマーメイドラインやスレンダー、
それに合わせた自然でナチュラルなヘアスタイルで、花々を散らしても
花かんむりもステキです。カメラマン

ミスマッチと思うような町家の格子窓や室内でも、
シックなドレスなら合いますし、プロのカメラマンに
かかればグラビアの一枚のような写真が撮れますので
おすすめです。