京都の前撮りのこだわりたい着物

着物いつか花嫁として着るならば和装が良いという人も着物の本場でもある京都の前撮りで豊富な衣装から一番お気に入りの衣装が見つかる事でしょう。

和装といっても、幅が広く種類も多いです。白無垢においては伝統的な衣装として和装であれば一度は着てみたいものです。神秘的な白で伝統的な京都の名所を背景にして撮影すれば一生の思い出になります。

最近では前撮りでも着物はお洒落に彩綺麗なタイプを希望する人も多いです。「色打掛」は婚礼衣装で最も人気が高いです。

打掛によって高級度合いが異なり、前撮りでもプラン料金で
着用できる種類が変わってくるでしょう。

打掛の選択肢次第で大人っぽく見えたり、可愛らしさを強調できたり出来る為、
ロケーションやイメージする撮影によって大きく映り方も変化します。

花嫁衣装また、引き振袖も色打掛とは異なる着物の良さを引き出してくれます。帯が印象強くなる為、帯によって自分の好みに合わせる事が出来ます。

昔からの裕福な花嫁衣装として年配の方の支持も今も強く、一般的な花嫁衣裳として本場の京都での撮影を選択してみても良いでしょう。

京都の前撮りのこだわりたいドレス

ドレス
京都の前撮りは、和装だけではありません。

もちろん、京都の雰囲気と、いつもはあまりできない
和装は魅力ですが、ドレスも屋外ならではの素晴らしい
ロケーションで、ステキな写真に仕上がります。

ロケ地として緑豊かな庭園や竹林、大正ロマンを
感じるような建物なども多くあります。

四季折々の自然を背景に、花々に舞い降りた妖精の
ような一枚もカメラマンはお手のものです。

真っ白もいいですが、オフホワイトやベージュ系なら
より自然と溶け込むでしょう。

シフォンやドレープの美しいドレスもおすすめです。

肩の部分を出したビスチェ風や、お姫様風長袖のパコダスリーブ、
ボディラインでは大人のシルエットのマーメイドラインやスレンダー、
それに合わせた自然でナチュラルなヘアスタイルで、花々を散らしても
花かんむりもステキです。カメラマン

ミスマッチと思うような町家の格子窓や室内でも、
シックなドレスなら合いますし、プロのカメラマンに
かかればグラビアの一枚のような写真が撮れますので
おすすめです。